福岡県の有名な歯医者さん【おおたわ歯科医院】むし歯からインプラント・審美歯科まで行う歯医者:南区高宮・大橋・平尾から5分以内

福岡で安心のインプラント歯科【おおたわ歯科医院】サイトマップ  福岡県 福岡市 南区 大楠 3-22-8
おおたわ歯科医院:福岡の安心信頼の歯医者さん福岡県福岡市の歯医者:おおたわ歯科
TOP>よくある質問>Q.治療費など

Q.治療費など

Q1医院によって歯科治療費は異なるのですか?
A:保険診療の場合は、一つ一つの治療の費用は同じです。どの治療を選択するかで費用が変わってきます。自由診療(保険外診療)の場合は、各歯科医院にて費用にばらつきがございます。但し、治療の内容やレベルは先生によって全く違うので、安心して受診できる歯科医院にかかりましょう。
Q2おおたわ先生はインプラントで有名ですが、治療費は高いんですか?
A:「おおたわ歯科医院」のインプラントの費用が高いということは絶対にありません。むしろ、患者さん一人一人に満足していただけるよう良心的な治療費でご提供しています。患者さんにも満足していただくのが「おおたわ歯科医院のコンセプト」です。是非、一度ご来院されてご相談ください。また、歯科医院のほうも正確な治療費をだすためには診察が必ず必要です。
Q3社会保険の治療費に書類が届いて見てみると、通院日数が2日となっていましたが、もっと通ってました・・・。これってどういうことでしょ?
A:お話から察すると、保険診療と自費の診療が混ぜこぜになっているようです。ただ、保険診療においてはあるルールの中での診療しかできませんので、事前の見積もりは極めて難しいというジレンマがありますが、およその見当はつけることはできます。何かを購入するときは、納得された上で買いますが、医療に関しては試食や試着ができないのでそれが難しい。だからこそ、十分な話し合いが必要になってきます。今からでも詳細な説明を求めて良いのではないでしょうか。
Q4保険で入れ歯を作ったら気に入らないので別のお医者さんへ行こうと思ったら、6カ月経たないと新しい入れ歯が作れないと言われたそうです。本当でしょうか?
A:本当の事です。保険というのは国の決めたルールです。 ただし例外がありまして、患者様が義歯を紛失してしまった場合は、その旨を書いておけば認められます。 通常は半年を経過しなければまた新しい義歯を作っても認められません。
Q5保険外診療でブリッヂをつくってもらいました。しかし装着の不具合、歯科医師に対しての不信感から不安になり、他の歯科で新たにブリッヂをつくり直す事にしました。このような場合、治療費をいくらかでも返してもらうことは可能なのでしょうか?
A:何が原因で不具合が生じたか、これをつきとめる事は難しいと思います。第3者から見て明らかに医師の過失であるなら、治療費の返還請求も考えられますが、不定愁訴に属するものだと、原因の特定が困難なため水掛け論になってしまいます。恐らく今回の場合、医師側とのコミュニケーションが上手く行かなかった事に起因すると思います。その事について話し合われたらいかがでしょうか?
Q6妻が歯周病の治療プログラムを受ける事になりました。治療の前に契約書を書き、治療費総額231,000円を支払う事に成りましたが、治療前にお金を払うものなのですか? また、保険が利かないという事なのですが、こんなにもかかるものですか? 現在妻26歳です
A:おそらく自由診療で治療を行っている歯科医院なのでしょう。その場合、しつこいくらいに事前の説明があったかと思いますが、いかがでしょうか?奥様はそれに同意されたのではありませんか?もちろん、医院によっては保険で歯周病の治療を行っている所は、沢山あります。治療の質や医院のアメニティーなどはそういった所とは異なるはずです。いずれにせよ、治療を受ける患者さん側に選択する権利がある事に間違いはありませんので、奥様とよく相談されるのが先決でしょう。
Q7一度保険でブリッチをした歯を、2年以内にまた新たにブリッジをすると、その費用は保険ではまかなえないと聞きました。PL法が関係しているとかいないとか?
A:ブリッジ及び冠に関してはPL法の兼ね合いでなく、医療費抑制の立場より2年間は作り直せない事と保険で決められています。ただし、歯科医院側の負担でしたら何回でも再製は出来ます。しかし、保険でブリッジを製作しても歯科医院には、経費を除いたら2000円程度の利益しか残らないため、再製となると大赤字になり、皆さんやりたがらないのが実状です。ここでのポイントは、そこの歯科医院では作れないということで、他の医院であれば2年以内でも保険での製作は可能です。
Q8むし歯の治療に行き、その治療中に先生の手が滑って舌の付け根部分に傷がつきました。内出血は治ったのですが、舌の先がひりひりと痛みます。
A:舌および口腔粘膜を傷つけたのであれば1~2週間の間に自然と良くなります。ただこれを契機に(潜在した)他の疾患が生じたかもしれません。例えばヘルペスなどによる舌痛症など(女性に多く、舌の先の灼熱感を訴えることが多いです)。このままにしても悪くなったりはしませんが、症状が強ければ専門医に受診すると良いでしょう。
Q9歯医者さんで削って詰めてもらったのですが、削る際タービンが歯茎に接触したらしく、かなり出血してしまいました。こういうことはよく起こりうることなんでしょうか。
A:歯間部のカリエスであったなら、多少とも食物の圧入等があったはずで、そのような場合は歯間部の歯肉が腫れている場合が多い。本来であれば、歯肉の処置をして炎症を取った時点で詰め物などをするのが理想でありますが、説明しても理解してそこまで待ってくれる患者さんはそう多くはないため、主訴であるむし歯の処置を、心ならずも優先していまうと、こう言った事になるケースはあるようです。    
Q10歯を磨いていると、磨き方によっては歯が すりへって、むし歯になる可能性があると歯医者さんに言われたことがありますが本当ですか?
A:誤った方法でのお手入れにより磨耗する事があります。むし歯になるかどうかは、その部分の衛生状態により異なります。