福岡県の有名な歯医者さん【おおたわ歯科医院】むし歯からインプラント・審美歯科まで行う歯医者:南区高宮・大橋・平尾から5分以内

福岡で安心のインプラント歯科【おおたわ歯科医院】サイトマップ  福岡県 福岡市 南区 大楠 3-22-8
おおたわ歯科医院:福岡の安心信頼の歯医者さん福岡県福岡市の歯医者:おおたわ歯科
TOP>よくある質問>Q.歯周病

Q.歯周病

Q1歯周病ってなんですか?
A:歯周病とは、歯周組織に発生する疾患の総称のことです。歯周疾患ともいいます。歯周病は歯肉に限局する「歯肉炎」と歯周組織まで炎症が拡がる「歯周炎」に大別されます。
Q2歯周病はどうしてできるんですか?
A:口腔内には歯周病細菌とむし歯の細菌が沢山います。そのうち、歯周病細菌が歯周ポケットと呼ばれる歯ぐきの隙間に繁殖します。歯ぐきが下がったり、歯ぐきの色が変色したり、歯を支える骨が溶けたりします。
Q3歯周病に対してどのような治療をするのですか?
A:進行の度合いで治療は変わります。軽ければ、歯の周りのお掃除をしていきます。症状がよくなければ、歯ぐきを切って歯を支える骨を再生したりする場合もあります。
Q4歯周病と口臭は関係あると聞いたのですが本当ですか?
A:歯周病になると歯ぐきから膿がでたりします。その臭いは口臭と関係があります。治療をすれば落ち着いていきます。
Q5歯周病をほったらかしにしておくとどうなりますか?
A:症状は少ずつひろがっていき、お口の中の全域で歯を支える骨が吸収されてしまいます。症状が重くなると、将来インプラントも適応がむずかしくなったりします。
Q6糖尿病などの病気があるのですが・・・
A:糖尿病と歯周病はお互いに症状を悪くすると考えられています。負のスパイラルとなるので当然治療をしていかなければなりません。
Q7歯茎が腫れて押すと痛く、歯磨きをすると出血状態が何年も続いてます。過去に歯医者さんで薬を塗り、ブラッシングの方法を指導してもらいました。根気よく続けていくしかないんでしょうか?
A:過去に歯科医に診てもらった段階で、そのような処置をされたならば、歯周病から来るものと考えられます。ただし、歯肉の炎症はそれだけが原因ではありません。丁寧なお口の清掃を心がけても度々そのような症状が出る場合は、再度歯科医にかかられたほうが良いでしょう。定期的なプロフェッショナル・クリーニングも効果的です。
Q8最初は歯磨きの時だけでしたが、最近は上の歯茎全体から突然出血します。歯医者では、歯磨き講習だけで、具体的な措置はしてくれません。
A:歯槽膿漏の初期ではないかと思います。まず、教わった歯磨きのやり方をきちんとしてみてください。1週間きちんとできて出血が少なくなるようであれば、歯槽膿漏だと思います。 鏡を見て、歯茎にきちんと歯ブラシがあたっていることを確認して、歯磨き粉はつけずに磨いてください。もし、正しい歯磨き方法で1週間行い、出血量が減少しなければ、内科的疾患も考慮した方が良いでしょう。
Q9歯槽膿漏の治療はどのようなものですか?。
A:歯周病の治療の基本は、口中の衛生状態の確立です。食事療法も含めた徹底したプラークコントロール。不良補綴物の除去。衛生管理しずらい部位の整理。歯石等の除去。根面の平滑化。程度によっては、歯肉の外科的療法等など。重篤な場合は、全身疾患の治療と並行して、処置を行います。そして、定期的なメンテナンスがとても重要になります。ただし、歯肉からの出血は歯周病のみならず、いろいろな全身疾患を発見するきっかけにもなります。あまりにも多い場合は、白血病やなんらかの出血性疾患、肝臓病などの可能性も視野に入れて診断することが重要であり、まずは歯周病かどうかの鑑別が先決でしょう。    
Q10歯並びが悪くて歯と歯茎の隙間がうまく磨けず、歯茎が下がり、膿みがたまってしまいます。何度治療しても治りません。どうしたらいいのでしょうか?
A:歯列の不正による口腔内の衛生状態の悪化は、ご相談の方のように歯周病を増悪させるのみならず、う蝕の発生をも助長させるため解決しなければならない問題です。ご自分で日々、確実なプラークコントロールをするためには、矯正もひとつの手段です。また、その福岡県福岡市南区高宮のインプラント専門歯科:おおたわ歯科選択をされない場合は、歯間ブラシやデンタルフロス、その他補助的なツールを使ってやるわけですが、恐らく限界があるでしょう。歯周病に詳しい先生におかかりになって、今の状態がどうであるか、判断された後、適切な間隔でのプロフェッショナル・クリーニングをお受けになられたらよいと思います。